ワークショップを超えた作家の人生

書くことは孤独であり、聖なる行為です。 しかし、それは作家がコミュニティの絆から利益を得ないという意味ではありません。

私が知っている多くの作家は、彼らの作家グループを愛し、彼らに依存しています。 これらには、正式なワークショップ、または正式な執筆教育を迂回または終了している人のために、新しい作品を交換してコメントする作家の友人の親密なグループが含まれる場合があります。 これらの非公式グループは、適切な束であるととても楽しいと思います。そして、私たちの執筆目標を本当に知っていて、集中できるように私たちがそれらを認識できるように助けてくれる誰かがいるのはいいことです。それらに到達するための私たちの努力。

私は実際に定期的な執筆グループに参加したことは一度もありません。 私は会話を軌道から外したり、賢明にクラックしたり、私たちの目的から注意をそらすためにさまざまなことをしたりします。 カクテルウィーナーが煮込んでいる場合、それについては疑問の余地はありません。私はそれらのウィーナーに注目しています。

私がフィードバックグループから遠ざかる理由は非常に簡単です。フィードバックは必要ありません。 さらに、読者が事実上のワークショップ担当者であると宣言するデフォルトの立場に憤慨するようになりました。

実際、私はワークショップのファンではありません。 学生時代はその目的にかなったことでしたが、今では自分の仕事と自分の声を信頼できるようになり、最も必要なフィードバックは編集者からの「はい」または「いいえ」です。 とにかく、特定の部分を修正するために入力を使用したことはありません。 一般的に、ワークショップの入力は、私にとって、私の作品が聴衆によってどのように受け取られるかを示し、または将来の作品の一般的な方向性を知らせます。

私の仕事についての一般的な意見を歓迎しますが、すべての試みが勝者であるとは限らないため、否定的な意見も歓迎しますが、私の仕事を変えるために何をすべきかについての招かれざる提案は歓迎しません。 私たちがワークショップに集中しすぎると失われるものは、ただ聞こえる能力です。 私は主に詩を書いていて、自分の工芸を非常に真剣に受け止めていますが、私の詩は工芸プロジェクトではありません。 彼らは表現です。 彼らは私の最も深い自己から来ています。

私のアドバイスに対する欲求の欠如が感性として読み取られないことを願っています。 私の仕事に関しては、私は本当に痩せていません。 嫌いというよりは読者の方が好きですが、どちらの反応でも結構です。 問題は、自分の仕事をただ聞いてもらいたいだけでなく、修正することがますます多くなるということです。

そして、それはコミュニティとはどのようなものでしょうか—聞いて、共有して、聞く人々のグループですか? 私たちの非常に近いコミュニティメンバーが、アドバイスや助言を求めて招待するメンバーである可能性がありますが、これは必ずしも本当ではありません。 一部の人々は提案を望まない。 私の作品が関係している場合、外部のアイデアは、ラインエディットなどの限られた提案を超えて、ほとんどの場合使用できません。なぜなら、それらは一般的に私の作品の生まれ方と一致していないからです。

だからこそ、私は文学的な出来事を強く支持しています。読書を聞いたり、言語を楽しんだり、フィンガーフードを食べたりできる場所です。 時々、コミュニティは旅の途中の会社に関するものです—ライターとして、これはほとんど本当かもしれませんが、私たちは完全に一人ではないという意味です。